忍者ブログ
主にゲームの缶詰のWORネタとスマホ(Android)ネタを綴ります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月13日追記

どうやら、docomoを凍結してるとComunicase(ドコモ開発の新しいメーラー)とかが
まともに動作しないようです。


----------


ただのメモ。
特に問題なく動いてます。

7notes with mazec-T
AllShare Controller
AllShare Play
AllShare Service
Bubbles
ChatON
Deep sea
docomo
docomo Application Manager
Docomo DB Agent
DOCOMO Initialization
docomo Palette UI
docomo Wallpaper
docomo Wi-Fiかんたん接続
dメニュー
dマーケット
Exchangeサービス
Eメール
Google Play Movies
Google Play開発者サービス
Google+
iコンシェル
iコンシェルコンテンツ
Luminous dots
News Daemon
Phase beam
Photo wall
S Suggest
Samsung Apps
Samsung Backup Provider
Samsung Cloud Syncadapters
Samsung keyboad
Samsung Push Service
SamsungAppsUNA
Samsungアカウント
Samsung日本語キーパッド
SDカードバックアップ
SNS
TheNewsCafe
Topic Wall
Weather Daemon
Weather Main
Wi-Fi Direct
Wi-Fi Direct共有
Wi-FiでKies接続
Windy weather
おまかせロック
しゃべって検索
オートGPS
スケジュール&メモ
デコメ絵文字マネージャー
デュアル時計(アナログ, デジタル)
トーク
ドコモサービス
ドコモバックアップ
ドコモ位置情報
ドコモ位置情報SUB
ドコモ音声入力
パーソナルエリア
メディアプレイヤー
ライブ壁紙ピッカー
便利アプリ
時計(ファンキー,デジタル,モダン)
災害用キット
遠隔サポート
電話帳サービス

拍手[6回]

PR
LJ3はこのブログを書いた書いた時点での最新ファームウェアです。

前回記事(http://rouge.gjpw.net/Entry/387/)から、OTAでアップデートしようとしても
まずLI3のアップデートで失敗してしまうため、最新のファームウェアでのroot取得は別の方法を取らざるを得ません。
ちなみに、OTAは差分アップデートなので、更新が来てもOTA待ちではずっとLI3で止まってしまうものと思われます。


用意するもの
・LJ3になってる端末(Kiesのアップデートでも何でもいいので、とりあえず最新までアップデートしておく)
・Linuxを動かせる環境(後述)
・make_rooted_factoryfs_r2_mod(kbc-developers)
・LJ3ファームウェア(http://www.sammobile.com/firmware/ (要登録)
・Odin(http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1670973



①とりあえず、rootを捨てて最新のファームウェアまでアップデートしておきます。
やり方は何でもいいです。
私は、OrdinでLJ3を焼きました。もちろんこの時点でroot権限は消失されます。
ちなみにrooted状態の端末をunrootもせず、通知バーにテーマ当てる状態でも
普通に焼けますし、データが消えることもないのでラクチンです。(だいたい7分くらいかかります)


②Linux環境を用意します。
私Windowsなんだけど?って人も大丈夫です。
私もWinのPCしか持ってないですが、仮想でLinux動けば問題ないです。

私の場合、ここを参考にしてUbuntuを動かしました。
Ubuntu12は重すぎたので、Ubuntu11にしてます。
つまづきやすい箇所としては、共有フォルダの設定ですかね。
一応Winとの共有フォルダないと、やりにくいのでメモ書きしておきます。

共有フォルダのマウントのコマンドは、
$ sudo mount -t vboxsf [Winで設定したフォルダ名] [Ubuntuにマウントしたいdirのパス]

Ubuntuを起動するたびにマウントするのは面倒なので、
$ sudo vi /etc/rc.local
で、exit 0よりも前に、sudo mount -t vboxsf [Winで設定したフォルダ名] [Ubuntuにマウントしたいdirのパス]
のコマンドを書けば、ログインと同時にマウントされます。


③make_rooted_factoryfs_r2_modを動かす。
この作業をする時は、上記で設定した共有フォルダ上ではなくて、どこか適当にディレクトリ作って、
そちらで作業してください。
共有フォルダ上では、権限がrootになっているため一部のコマンドが使えません。


とりあえず、上記の鶴はtarで圧縮されてるので解凍。
$ tar -xvf make_rooted_factoryfs_r2_mod

中身のReadMe読めば分かりますが、system.img.ext4が必要です。
このファイルは、LJ3のファームウェア(md5ファイル)を解凍すれば、中身に入ってます。

というわけで、LJ3のファームウェア(SC06DOMALJ3_SC06DOMALJ3_SC06DDCMALJ3_HOME.tar.md5)
をReadmeと同じ階層に持ってきて解凍します。
$ tar -xvf SC06DOMALJ3_SC06DOMALJ3_SC06DDCMALJ3_HOME.tar.md5

これで準備が整ったので、make_rooted_factoryfsを動かします。
$ ./make_rooted_factoryfs_SC06D.sh

ただし、私の環境だと、zlibが入ってなかったようなので、いきなりは動きませんでした。
というわけで、zlib導入しましょう。
$ sudo apt-get install zlib1g-dev

あと、注意事項ですが、上のshファイル動かしてエラー吐いちゃった場合は、make cleanしてください。
$ cd bin/ext4_utils
$ make clean
$ cd ../../
$ ./make_rooted_factoryfs_SC06D.sh

これでエラー吐かず、無事処理が正常終了した場合は、
./outディレクトリの中に、SC06D-ROOTED-system.tar.md5が出来上がってるはずです。


④上記のSC06D-ROOTED-system.tar.md5をOrdinのPDAにセットして焼く。

もしこの作業する前が、端末がまだrooted LG6とかそういう状態だった場合は、
Ordinにて、SC06DOMALJ3_SC06DOMALJ3_SC06DDCMALJ3_HOME.tar.md5を焼く
→自動再起動でアプデートされる
→再度ダウンロードモードに入って、SC06D-ROOTED-system.tar.md5を焼く
という順序で焼いてください。



これでrootedのLJ3のできあがり。
CWMは、rooting kitから導入可能。

拍手[1回]

FOMA SIMカードをXi専用端末にさすと、LTEの電波が届いてるエリアでは圏外扱いになります。

※ちなみにここでいうFOMA SIMはmicroSIM(他社シムフリー機用の小さいFOMA SIM)ですので、docomoショップに行って変えてもらう必要があります。

これがミソで、LTEを無効化してあげればXi専用端末でもFOMA端末化できます。


LTE無効化の方法
(root取ってない普通の端末で設定可能)

ダイヤル>

「*#197328640#」と入力

UMTS>
DEBUG SCREEN>
PHONE CONTROL>
BADSELECTION>
WCDMA Band Preference>
WCDMA ALL

この順番にタップしていけば、LTEが無効化されます。

私はXi契約したくなかったので、白ROM購入のFOMA SIM運用しており、
この方法で問題なく使えてます。


LTE有効にするときは、

UMTS>
DEBUG SCREEN>
PHONE CONTROL>
BADSELECTION>
Automatic

拍手[3回]

これも覚書程度

/system/media/audio/ui内の
Auto_focus.ogg
Auto_focus_error.ogg
Cam_Start.ogg
Cam_Stop.ogg
camera_click.ogg
Camera_click_short.ogg
Camera_empty.ogg
Camera_Timer.ogg
Shutter.ogg
Shutter_multiple.ogg
VideoRecord.ogg
を適当にリネーム。名前は何でもいいし、たぶん消去しても問題ないと思われる。
一応バックアップとしてリネームして残すのが賢明と思われる

例:
 Auto_focus.ogg→Auto_focus.ogg.bak

これだけだと、だいたい無音化されるけどオートフォーカス音とかの音が消えない

次に
/system/app/SamsungCamera.apkを引っ張ってきて、中身を差し替える作業。
Apk Managerを用意→http://forum.xda-developers.com/showthread.php?p=18150530
最新のはこれかも。APK Multi-Toolsって名前だけど、基本的に使い方変わらないはず?
Apk Managerでやりたかったら、自分で見つけてください。


①Apk Managerのplace-apk-here-for-moddingフォルダ内に、SamsungCamera.apkを置く

②Script.batをクリックしてApk Managerを起動

③22番)"Set current project"→SamsungCamera.apkを選択

④1番"Extrack apk"でapkファイルを展開
projectsフォルダの中にSamsungCamera.apkフォルダができる

⑤SamsungCamera.apk/res/raw/内の以下の5つのファイルを適当な無音ファイルに差し替える
     autofocus_error.ogg
     autofocus_ok.ogg
     camera_click.ogg
     camera_click_short.ogg
     cameratimer.ogg
無音ファイルって何?って?新
規作成→テキストドキュメント→上記ファイルにリネームでおk

⑥Apk Manageで19番"Select compression level for apk's"を選択
     "Enter Compression Leberl (0-9)"で"0"を入力

⑦3番"Zip apk"でapk生成
     署名の有無は、2番"Regular apk"
place-apk-here-for-moddingフォルダ内にunsignedSamsungCamera.apkができる。
SamsungCamera.apkにリネームして、端末の/system/app/にコピー
一応権限はrw-r--r--とかに変えた方が賢明かもね。あ
ともともとあったカメラapkは一応バックアップとっておいてね

⑧端末を再起動


これで無音カメラの完成

拍手[1回]

ベースバンドのバージョンにもよりますが、
私がつい最近手に入れた白ROMではLG6だったので
LG6のroot化について覚書しておきます。

ちなみに調べたらたくさん出てくるので、本当に個人的な覚書程度に。


用意するもの
初期ROM(LG1)ファームウェア→http://www.sammobile.com/firmware/ (要登録)
rooting kit→http://logsoku.com/thread/anago.2ch.net/android/1340719301/683
Odin→http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1670973

手順の概要は、
①初期ROMを焼く
②rooting kitでroot取得
③端末でアップデート


では、少し詳しく

①ダウンロードモードで端末をPCにつなぐ

②Odinを起動。ID:COMが水色になっていることを確認。(
端末がきちんと認識していることを確認)

③PDAに初期ROM(SC06DOMALG1_SC06DOMALG1_SC06DDCMALG1_HOME.tar.md5)セット。
他の設定は何も弄らずに、Startを押して初期ROMを焼く。
焼き終わったら端末が再起動します。


これで端末のベースバンドがLG1になったので、rooting kitが使えるようになる。


④端末>設定>開発者向けオプション>USBデバッグにチェックを入れて、PCと接続

⑤rooting kit内のRunMe.batを実行してroot取得。(端末は、通常起動モード)
このときはCWMはまだ導入しない方がいい。
root取得が終わったら端末が再起動します。

⑥Playストアで「SuperSU」をインストール
https://play.google.com/store/apps/details?id=eu.chainfire.supersu

⑦SuperSUを起動してSuperUserのバイナリをアップデート

⑧Playストアで「OTA RootKeeper」をインストール
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.projectvoodoo.otarootkeeper

⑨OTA RootKeeperを起動して、真ん中あたりの"Protect Root"をタップ
"Delete su backup", "Temp. un-root"が出てくるので、Temp. un-root"をタップ

⑩端末>設定>端末情報>ソフトウェアの更新でSC06DOMALG6にアップロードする。
このときリカバリがCWMだとアップデートできないので、⑤ではCWMを導入しない。
終わると端末が再起動する。
※現在の最新ファームはLI3だけど、LI3までアップデートしようとしても失敗するので
とりあえずLG6で我慢しておく。
(LI3はLG6にアップデート後、さらにソフトウェアの更新を押すとアップデートできる。2段階方式)

⑪OTA RootKeeperを起動して、真ん中あたりの"Restore root"をタップ

⑫この状態のまま、rooting kit内のRunMe2.batを実行。
無事終えると再起動を求められるので再起動する。これでRoot維持。

⑬ついでなので、再起動が終わったらrooting kit内のInstall_cwm.batを実行して、CWMを導入


これでRoot取得完了。
ちなみにLG6からLG1にダウングレードさせてそのままだと電波をつかまないので、
⑧以降もきちんとこなしてLG6にアップデートしておく必要あり

拍手[6回]

<<< 前のページ 次のページ >>>
PROFILE
HN:
るーじゅ
年齢:
7
性別:
男性
誕生日:
2009/05/29
自己紹介:
主にゲ缶WORネタ。当ブログで使用しているWORゲーム内アイコンは、ジェリーフィッシュ快賊団! 様(http://kaijint.hp.infoseek.co.jp/index.htm)に著作権がありますので、その他画像含め転載はお控えください

名前:るーじゅ
国:ブルーローズ
継承回数:6回
SEARCH
ACCESS COUNTER
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.